交通事故・むち打ちについて

このようなお悩み有りませんか?

  • 交通事故後、集中力がなくなり勉強、仕事に支障が出てきた
  • 湿布、痛み止めをもらったが一向に良くなる気配がない
  • 雨や曇で天気が悪くなるとめまいや痛みが出て起きれない
  • 事故に遭ってから、めまい、不眠が続くようになった
  • 専門の医療機関からレントゲンに異常なしと言われたが痛みが続く

交通事故による「むち打ち」の原因は?

カウンセリングの様子交通事故の「むち打ち」はなぜ起きるのでしょうか?

むち打ちは痛みが発生した状況や事故の衝撃を受けた時の自分の体勢によって負傷する部分も異なるので、むち打ちにも種類があります。

頚椎捻挫型

交通事故のむち打ちで多くの方がこの「頚椎捻挫型」に該当します。軟部組織に損傷が起こった状態なので首を支えている筋肉、関節、靭帯に影響が出ます。軟部組織はある程度、回復しますが違和感や不調が残ってしまう人は少なくありません。

主な特徴は首を動かすと痛みを感じたり、めまい、後頭部に痛み、首の動きが制限されるといった状態が挙げられます。

バレリュー症候群

交通事故の衝撃で骨を通り越して交感神経を痛めてしまい頭が重い、耳鳴り、息が苦しい、しびれが起きます。

交感神経が外的な力によって傷つくと身体が思うように動かしにくい、バランスがとりにくいといった不調が現れます。交感神経は身体の生体機能を一定に保つ大切な役割があります。

目に見えない損傷でも全身のあらゆる所に影響を与えるため交通事故と関係ないと思われやすく、気付かないまま日常の生活に支障を及ぼしている場合があります。

神経根症状型

脊髄の神経が集中している場所が「神経根」と呼ばれ痛めた箇所によって現れる不調も変わります。

首を動かしたり、くしゃみの瞬間に痛みを強く感じるのが特徴です。首の痛みや顔や腕の違和感、しびれ、力が入らないといった多岐に渡ります。

脳脊髄液減少症

上記に該当しない場合はこの「脳脊髄液減少症」が考えられます。

脳を保護している層に何らかの原因で穴があき、そこから髄液が漏れてしまい漏れた髄液が神経に圧力をかけ様々な影響を与えます。

どの神経を圧迫しているかにより、頭・首・背・手・足などに痛みが生じます。

ダメージを受けた神経により耳鳴り、めまいといった聴覚、視覚にも異常が現れる場合があります。

交通事故治療で、むち打ちをしっかり解消しましょう

ハイボルテージの施術の様子

交通事故治療は事故直後からの時間経過によって段階があります。

『 初期 』

事故の衝撃が全身に伝わり筋肉が緊張状態にあります。その緊張と怪我による炎症をとる施術をします。

まだ痛みがある状態では手技よりもラジオ波、ハイボルテージ等の電気施術器で深部の固くなった筋肉を緩めていきます。

怪我の部分を直接触らないため身体への負担も軽く早期回復につながります。

『 慢性期 』

触れないほどの痛みや腫れがとれると手技で丁寧に骨格矯正を行います。ストレッチも取り入れているのでボキボキするような強い施術はありません。

わかば整骨院の交通事故治療は専門の医療機関の画像診断では分かりにくい筋肉、神経の痛みに対して、お一人おひとりを丁寧にカウンセリングし原因を見極めます。

予約優先制を導入し待ち時間が少ないので、痛みを抱えながら長時間待たされる事もありません。

交通事故の施術は夜は20時30分まで受付ているので、お仕事帰りにも通いやすい環境を整えております。

お気軽にお問い合わせください

tel:093-863-5270
tel:093-701-8170