梨状筋症候群

手術はしたくない!梨状筋症候群の進行を止めたい!...こんな症状でお困りですか?

  • □お尻にしびれがある
  • □太ももにしびれがある
  • □ふくらはぎにしびれがある
  • □長時間座っていると症状が増す
  • □身体をひねると症状が増す
  • □しびれで寝れないときがある
  • □杖をつきたくない
  • □歩いたりお風呂に入ると痛みが軽減する

 

そもそも梨状筋症候群とは?

上記の症状に心当たりがある方は梨状筋症候群の可能性が高いです。坐骨神経が骨盤出口部で、なんらかの原因により股関節を支える筋肉(梨状筋)の圧迫や刺激を受け、疼痛が起きている状態のことです。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に比べると、まれな疾患です。

梨状筋症候群は、狭い意味では梨状筋自体が原因となる圧迫性坐骨神経障害を指します。しかし、病院の診察では上記の圧迫性坐骨神経障害の総称として、梨状筋症候群が用いられています。坐骨神経痛がいろいろな病態の総称であるのと同じです。

 

どうして?梨状筋症候群が起きる原因は?

梨状筋症候群になる原因として梨状筋は複雑な股関節の動き(回旋運動)に関与している筋肉であり、ゴルフや野球など体を捻る動作の多いスポーツや、中腰での草むしりなどの肉体労働、長時間のデスクワークや長距離の運転などによるオーバーユース(使いすぎ)によって、筋肉の柔軟性がなくなることで坐骨神経を圧迫します。また、股関節の異常や人工股関節の使用に伴う障害,子宮内膜症や血管異常でも、梨状筋症候群を引き起こすことがあります。

そのままにしておくと自然治癒能力がどんどん低下していき痛みが中々引かなくなります。

 

わかば整骨院にお任せ!梨状筋症候群を改善するには?

梨状筋症候群の人には、根本的な治療をわかば整骨院ではします。

梨状筋症候群は身体のバランスの崩れやインナーマッスルの筋力低下から来るものなので、まずは姿勢を整えていく骨格矯正をしていきます。

骨格矯正によって日常生活やクセで歪まされた骨を本来あるべき所に戻していく事によって、日常の疲れやすさや筋肉や関節の負担を改善していきます。

それと同時にわかば整骨院では「最新のEMS」により骨格を“支える”インナーマッスルを鍛え、正しい姿勢をキープできる力をつけていきます。

梨状筋症候群は正しい姿勢を骨格矯正で取り戻し、楽に姿勢を保てるようにインナーマッスルを強化することで繰り返しやすい梨状筋症候群を根本改善していきます。

 

梨状筋症候群は、根本から整えていく事と同時に日常で負担がかかっている姿勢などにも目を向けていきます。

また、梨状筋症候群の多くは生活習慣によるものが多いため、日常の生活の過ごし方を変えていかなければいけません。

そのため、わかば整骨院では体の正しい使い方や簡単に出来るセルフストレッチなどもお伝えしていきます。

 

ケガ(痛み)に負けないカラダ作りを!

人間の身体は非常に繊細なバランスの上に成り立っています。そのバランスの一部を改善させたところで、その要因となるもの全てをきちんとケアしないと再発に繋がりやすくなってしまいます。

怪我しにくい、強いカラダにするために、遠賀郡岡垣町のわかば整骨院では全身のバランスや体の使い方(習慣)なども含めた根本改善を常に目指しております。

梨状筋症候群でお困りの時は、わかば整骨院にご相談ください!

 

Q&A

Q1痛くて寝れません。負担のかからない寝方はありますか?

A1 腰に負担をかけなことが重要なので患部を上にして横向きがオススメです。

仰向けでしか寝れない方は膝を立てて寝てみてください。

 

Q2温めると楽になるのはなぜですか?

A2 梨状筋症候群は筋肉が坐骨神経を圧迫し、痛みやしびれがでてくるので、温めて筋肉を緩めると楽になります。

ただ、根本改善を行わないとすぐに再発しますので、当院での治療をオススメします。

執筆者:わかば整骨院中央台院
柔道整復師 木村 俊輝

幼い頃からサッカーをしていて、ケガをすることが多く私自身学生時代整骨院に通っていました。
その時気付いた施術の大切さや身体に痛みがあるという事の辛さを多く体験しているからこそ、患者様にお伝え出来ることがあると思います。
資格取得後も身体や施術の理解を深めるべく、日々精進しております。
その経験を元に患者様に合う適切な施術を行っております。

お気軽にお問い合わせください|遠賀郡岡垣町のわかば整骨院

tel:093-863-5270
tel:093-701-8170
line
line