産後骨盤矯正

このようなお悩みはありませんか?

▫️産後疲れやすくなった

▫️産後腰の痛みが出るようになった

▫️産後体型が変わった

▫️産後骨盤が開いた気がする

▫️産後精神的な不調が続いている

 

産後骨盤矯正とは?

妊娠前と出産後では身体の状態がたいへん大きく変化していきます。

妊娠をすると、子宮内で赤ちゃんが成長していくことで骨盤が少しずつ開いていきます。

これは、赤ちゃんが出産できるように起こる自然現象です。

リラキシンというホルモンが分泌され、骨盤が緩みやすいように作用します。

そして、出産後に開いてしまった骨盤は筋肉や靭帯などの力で徐々に妊娠前の元の状態に戻ろうとしていきます。

しかし、出産後から始まる育児や日常生活によって通常よりも骨盤に負荷がかかってしまい、骨盤がゆがんでしまったり、骨盤が妊娠前の元の状態に戻りきれないということが起こってしまいます。

 

産後の不調・産後骨盤矯正の効果

産後に骨盤がゆがんだ状態で生活を続けていると、筋肉バランスを崩すことで腰や肩への負荷が大きくなります。

そこに子どもを抱くなどの育児も加わることで、腰痛や肩こりなどを引き起こすのです。

また、骨盤のゆがみは血行を悪くするため、自律神経やホルモンの乱れも引き起こします。

骨盤のゆがみは内臓機能までも低下させ、産後に体型が戻りにくい原因にもなります。

産後に骨盤が開いた状態のままだと、体重は減っても下半身のサイズが戻らないという方は多いでしょう。

また、体重が落ちにくいという悩みを抱えている方もいるはずです。

これは、骨盤がゆがむことで内臓が圧迫されたり、下垂状態になったりしていることが原因です。

そのため、産後骨盤矯正をすることで内臓を元の位置へ戻し、妊娠前の体型に戻しやすくするサポートをします。

こういった不調を改善する施術が産後骨盤矯正です。

 

わかば整骨院独自の産後骨盤矯正

わかば整骨院では、産後の不調や悩みの全ての原因と言われている骨盤のゆがみを整える産後骨盤矯正を受けることができます。

産後骨盤矯正は、産後1ヶ月以降から6か月までに施術を受けることでより高い効果を出すことができます。

妊娠中にはリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤を緩みやすいようにしていますが、産後1か月はそのホルモンの作用が持続しています。

ホルモンの作用が消える1か月以降から産後骨盤矯正を受けることが理想です。

また、産後6か月以上過ぎてしまうと元の状態に戻すまでに時間がかかってしまうので、なるべく早期に産後骨盤矯正を受けるのがおすすめです。

わかば整骨院独自の産後骨盤矯正方法で、骨盤を始めとする身体全身の骨格を整えて行きます。

産後骨盤矯正で全身の骨格を整えていくのと同時にわかば整骨院では「最新のEMS」により骨格を”支える”インナーマッスルを鍛え、正しい姿勢キープできる力をつけていきます。

インナーマッスルを鍛えることによって、産後骨盤矯正の施術効果も向上していきます。

 

ケガ(痛み)に負けないカラダ作りを!

人間の身体は非常に繊細なバランスの上に成り立っています。そのバランスの一部を改善させたところで、その要因となるもの全てをきちんとケアしないと再発に繋がりやすくなってしまいます。

 

怪我しにくい、強いカラダにするために、遠賀郡岡垣町のわかば整骨院では全身のバランスや体の使い方(習慣)なども含めた根本改善を常に目指しております。

 

産後骨盤矯正でお困りの時は、わかば整骨院にご相談ください!

産後骨盤矯正の治療

  • 治療のステップ

お気軽にお問い合わせください|遠賀郡岡垣町のわかば整骨院

lineでのご相談はこちら
野間院
中央台院

tel:093-863-5270
tel:093-701-8170
line
line